最年少でノーベル平和賞を受賞したマララさんに賛同して始まった国際ガールズデーも4年目となりました。

世界には、未だ自らが求める幸せが叶えられない少女達がたくさんいます。

2017年11月5日(日)さいたまスーパーアリーナ内コミュニティアリーナで催された埼玉県国際交流協会主催の国際フェア―で少女達の支援の為のカリンバ演奏をしました。

12月20日にはいきいき大学主催の講座でギニア出身のオスマンサンコンさんの講演の後にアフリカの吟遊詩人グリオの詩の朗読とアフリカ楽器、コラ、ジャンベ、カリンバの紹介及び演奏を8名のメンバーで行いました。

 

12月20日の様子は公益財団法人埼玉県国際交流協会のホームページにビデオがアップされました。トップページ中央に3月16日アフリカ理解講座をクリックすると見ることが出来ます。